カウザルギー|全国ペインクリニック検索

ホーム > 用語集 > カウザルギー

カウザルギーについて

カウザルギーとは

外傷や手術の後に、傷は完治しているのに痛みやしびれが続く場合があり、反射性交感神経性ジストロフィーと呼びます。神経が明らかに切断
された後に、激しい痛みが続く場合をとくにカウザルギーと呼びます。各種薬物療法、神経ブロック、リハビリテーションを行いますが、完治はなかなか
困難です。

一般的な症状

通常四肢の神経の部分的損傷によって起こる。

受傷直後から発生することが多いが、時としてしばらく遅れる場合もある。

好発する神経は、正中神経、坐骨神経、頸骨神経および尺骨神経である。

橈骨神経のCRPS typeIIはまれである。

神経損傷に伴う感覚低下の領域を認める。

感覚低下領域を中心にした持続性の灼熱痛、アロディニアおよびhyperpathiaなどの疼痛が主症状である。

皮膚温の以上、浮腫や発汗異常などのRSD様の症状を随伴することもある。

痛みは単一の神経の走行に沿わずに、近位に拡大する。

治療法

薬物療法
・鎮痛消炎剤
・ビタミンB12製剤
・ケタミン持続点滴

神経ブロック
・早期からの局所ブロック
星状神経節ブロック
硬膜外ブロック
・腰部交感神経節ブロック
・など

リハビリ
・運動療法
・脊髄電気刺激療法

関連用語

手術 疼痛 星状神経節ブロック 硬膜外ブロック 電気刺激療法

閲覧履歴